「敦賀チャレンジ企業応援補助金」のご案内

(令和3年度 敦賀市中小企業活性化支援事業)

  • 「生産性向上」や「技術開発」等につながる設備投資に対し、
    100万円を上限(補助率1/2)

  • 「敦賀名物等の商品開発」に係る開発費やパッケージ制作費に対し、
    50万円を上限(補助率2/3)

補助対象者

敦賀市内に本社事務所を有する中小企業者
(中小企業基本法第2条第1項に規定する中小企業者)

※ 詳しくは、別途「募集要領」をご覧ください。
補助対象となる事業

(1)設備投資等支援枠(以下1~3の取り組みを行う必要があります)

  1. 設備投資を行う。
  2. 生産性向上、省力化、技術開発、新規事業のいずれかの取り組みを行う。
  3. 労働生産性が年平均3%以上向上する計画であること。
  • ※労働生産性=(営業利益 人件費 減価償却費) ÷ 労働者数又は労働時間
(その他)
  • 市内において自ら使用する事業所等に当該設備を設置すること。
  • 中小企業等経営強化法(平成11年法律第18号)に基づく先端設備等導入計画を 審査会までに作成する(した)場合、加点します。

(2)地域資源を活かした商品開発等支援枠(敦賀名物等商品開発事業)

  1. 敦賀の文化や特色などを活かした「敦賀名物」づくりに係る開発費用や、パッケージの開発に取り組む事業。
  2. 「氣比神宮」 「氣比神宮寺(6つの寺)」 「旧北陸トンネル群」 「鉄道」 「赤レンガ倉庫」「人道の港敦賀ムゼウム」 「大谷吉継」 「港」 「北前船」 「敦賀市公認キャラクター※」や観光名所などの地域資源を活用した商品。
  3. 敦賀をPRする商品。(お土産としての利用が期待される商品)
  • ※市公認キャラクター・・・「ツヌガ君」 「バショさん」 「よっしー」
募集期間

令和3年7月1日(木)~令和3年7月30日(金)


補助対象期間

交付決定日から令和3年12月31日(金)まで


申請に必要な書類
  • 事業計画書(様式1号)
  • 購入設備の金額の根拠となるもの(見積書や金額が記載されたパンフレット等)
  • 市税の全税目に係る納税証明書 ※法人の場合は会社の分と代表者個人の分が両方必要
  • 直近の貸借対照表及び損益計算書の写し【法人の場合】
    (創業して間もなく確定申告を一度も終えられていない場合は提出不要です。)
  • 現在事項全部証明書又は履歴事項全部証明書【法人の場合】
  • 直近の確定申告書(第一表、第二表、収支内訳書[1・2面]又は所得税青色申告決算書[1~4面]の写し)【個人の場合】
    (創業して間もなく確定申告を一度も終えられていない場合は提出不要です。)
  • 創業して1年に満たない事業所においては開業届の写し【個人の場合】
※創業して間もなく上記提出書類が揃わない場合は、事務局で協議の上、可否を判断致します。

地域資源を活かした商品開発等支援枠(敦賀名物等商品開発事業)


報告書提出期限

令和4年1月21日(金)まで


お問い合わせ

敦賀商工会議所 中小企業相談所

TEL:(0770)22-2611

FAX:(0770)24-1311

E-mail:Tcci_Soudan@tsuruga.or.jp